遊漁規則


(目的)
第1条
 この規則は,上桂川漁業協同組合(以下「組合」という。)が免許を受けた京内共第1号5種協同漁業権に係る漁場(以下「漁場」という。)の区域において,組合員以外の者のする当該漁業権の対象となっている水産動物(あゆ,こい,ふな,うなぎ,はえ,ます類及びかわよしのぼりをいう。以下同じ。)の採捕(以下「遊漁」という。)についての制限に関し,必要な事項を定めるものとする。

(遊漁の承認及び遊漁料の納付義務)
第2条
 漁場の区域内において遊漁しようとする者は,予め,組合に申請してその承認を受けなければならない。
2
 前項の規定による申請は,口頭若しくは,組合が別に定める様式による。なお,組合が指定した年券については所定の顔写真を添付して申請しなければならない。
3
 組合は,第1項の規定による申請があったときは,当該水産動植物の保護培養に関して組合若しくは他の遊漁者(第1項の承認を受けた者をいう。以下同じ。)の行う水産動物の採捕に著しい支障があると認められる場合又は第11条に規定する場合を除き,第1項の承認をするものとする。
4
 第1項の承認を受けた者は,直ちに,第7条第1項の遊漁料を同条第2項の方法により組合に納付しなければならない。

(遊漁の方法等)
第3条
 次の表のア欄に掲げる魚種を対象とする遊漁は,それぞれイ欄に掲げる方法によりウ欄の統数又は規模の範囲内においてエ欄の区域内及びオ欄の期間内でなければならない。
魚種 方 法 統数又は規模 区  域 期     間
あ ゆ 竿釣(友釣)
1人1竿
世木ダム上流端から上流の桂川本流及びその支流
5月26日から12月31日までの期間内で,組合が定めて公表する期間
竿釣(素掛け)
世木ダム上流端から上流の桂川本流及び弓削川本流,細野川本流
9月1日から12月31日までの期間内で,組合が定めて公表する期間
野良がけ
8月1日から12月31日までの期間内で,組合が定めて公表する期間

(投網,刺網,寄せ網)
1人1統
全長30m以下
水眼鏡,水視眼鏡
1人1個
8月1日から9月15日までの期間内で,組合が定めて公表する期間
こ い 竿 釣
1人1竿
世木ダム上流端から上流の桂川本流及びその支流
1月1日から4月30日まで,6月1日から12月31日まで

(投網,刺網,寄せ網)
1人1統
全長30m以下
世木ダム上流端から上流の桂川本流及び弓削川本流,細野川本流
1月1日から3月31日まで,あゆ網解禁日から12月31日まで
ふ な 竿 釣
1人1竿
世木ダム上流端から上流の桂川本流及びその支流
1月1日から4月19日まで,5月21日から12月31日まで

(投網,刺網,寄せ網)
1人1統
全長30m以下
世木ダム上流端から上流の桂川本流及び弓削川本流,細野川本流
1月1日から3月31日まで,あゆ網解禁日から12月31日まで






竿 釣
1人1竿
世木ダム上流端から上流の桂川本流及びその支流
3月1日から9月30日までの期間内で,組合が定めて公表する期間




1月1日から12月31日までの期間内で,組合が定めて公表する期間
うなぎ
毛針,竿釣
1月1日から12月31日まで
も じ
1人1個(竹もじ)
延縄漁
1人1張
針5本以内
道糸5m以内
水眼鏡,水視眼鏡
1人1個
8月1日から9月15日まで
は え
竿 釣
1人1竿
1月1日から12月31日まで

(投網,刺網,寄せ網)
1人1統
全長30m以下
世木ダム上流端から上流の桂川本流及び弓削川本流,細野川本流
1月1日から3月31日まで,あゆ網解禁日から12月31日まで
かわよしのぼり

1人1個
世木ダム上流端から上流の桂川本流及びその支流
1月1日から5月31日まで,8月1日から12月31日まで
タモ網
水眼鏡,水視眼鏡
8月1日から9月15日まで


2
前項の公表は,組合の掲示板及び第7条に規定する遊漁料の納付場所に掲示し,かつ,必要があるときは,京都新聞にこれを掲載するものとする。


(遊具漁法の制限)
第4条
 京都府内水面漁業調整規則第27条で禁止されている漁具漁法のほか次の表のア欄に掲げる漁具漁法は,イ欄の区域において,ウ欄の期間中は使用してはならない。。
ア 漁 具 漁 法
イ 区    域
ウ 期    間
アクアラング
全 区 域
1月1日から12月31日まで


2
 夜間照明を必要とする時間帯の遊漁は禁止する。

(禁止区域)
第5条
 第3条の規定による区域内であっても次の表のア欄に掲げる魚種は,イ欄の区域内においては,ウ欄の期間中は遊漁してはならない。
ア 魚 種
イ 区    域
ウ 期    間
全漁業権魚種
世木ダム上流端から上流へ200mの区域
1月1日から12月31日まで
あ ゆ
大戸の堰堤より下流へ20mの区域と六ヶの堰堤より下流へ20mの区域
組合が公表する網解禁日まで


(体長制限)
第6条
 次の表のア欄に掲げる魚種については,それぞれイ欄に掲げる全長以下のものを採捕してはならない。
ア 魚   種
イ 全    長
こ    い
15cm
ふ    な
6cm
ま す 類
あまご
12cm
にじます
15cm
う  な  ぎ
30cm


(遊漁料の額及び納付の方法)
第7条
 遊漁料の額は次の表のとおりとする。但し,遊漁する場所において遊漁監視員に納付するときの遊漁料は,年券において次の表の額の20パーセント以内,日券においては50パーセント以内をそれぞれ加算できるものとする。
魚  種
漁  具 ・ 漁  法
期  間
遊 漁 料
あ  ゆ
竿釣(友釣,素掛け),野良掛け,網(投網,刺網,寄せ網),水眼鏡,水視眼鏡
年  券
13,000円 
日  券
4,500円 
ます類
あまご
にじます
竿釣
年  券
5,000円 
日  券
2,000円 
こ  い
竿釣,網(投網,刺網,寄せ網)
年  券
2,200円 
ふ  な

は  え

日  券
700円 
う な ぎ
毛釣,竿釣,もじ,延縄,水眼鏡,水視眼鏡
かわよしのぼり
篭,タモ網,水眼鏡,水視眼鏡


2
 遊漁料の納付は組合事務所又は組合の指定する場所においてしなければならない。

3
 次の表のア欄に掲げる者の遊漁料は第1項の規定にかかわらずイ欄のとおりとする。
ア 遊漁する者の区別
イ 遊 漁 料
中学生以下の者
免除
身 体 障 害 者
第1項に規定する各料金の2分の1の額

4
 「あゆ」については,解禁後10日間は,日券は販売しないものとする。


(遊漁承認証等に関する事項)
第8条
 組合は,第2条第3項の承認をしたときは,別記様式1の遊漁承認証(以下「遊漁承認証」という。)を交付するものとする。但し,年券に限り遊漁承認証を交付するまでの間,別記様式2の仮遊漁承認証(以下「仮遊漁承認証」という。)を発行することができるものとする。

2
 遊漁者は,前項により交付を受けた仮遊漁承認証を組合の規定に基づき有効期間内に遊漁承認証と引き換えなければならない。

3
 組合は漁場が著しく混雑すると判断したときは,遊漁承認証の発行を停止し,遊漁者の数を制限することができる。

4
 遊漁承認証及び仮遊漁承認証は,他人に貸与してはならない。

5
 遊漁承認証は再発行しない。但し,組合が特に認めた場合はこの限りでない。

6
 組合は,理事長の承認を得た枚数の範囲内で遊漁の招待券を発行することができる。


(遊漁に際し守るべき事項)
第9条
 遊漁者は,遊漁する場合には遊漁承認証又は仮遊漁承認証を携帯し,遊漁監視員の要求があったときは,これを提示しなければならない。

2
 遊漁者は,遊漁に際しては,漁場監視員の指示に従わなければならない。

3
 遊漁者は,遊漁に際しては,相互に適当な距離を保ち,他の者の迷惑となる行為をしてはならない。

4
 遊漁者は,漁場の環境を美しく保全することに努めなければならない。


(漁場監視員)
第10条
 漁場監視員は,この規則の履行に関して必要な指示を行うことができる。

2
 漁場監視員は,別記様式3の漁場監視員証を携帯し,かつ,漁場監視員であることを表示する腕章を付けるものとする。


(違反者に対する措置)
第11条
 組合は,遊漁者がこの規則に違反したときは,直ちにその者に遊漁の中止を命じ,又は以後のその者の遊漁を拒絶することがある。この場合,遊漁者が既に納付した遊漁料の払戻しはしないもとする。


(適用除外)
第12条
 この規則のうち,遊漁の承認若しくは漁具漁法等の制限若しくは禁止区域に関する規定は,組合の承認を得て行う資源調査のための目的に限り適用しない。


(雑 則)
第13条
 この規則に定めるもののほか,この規則の実施に必要なものは,別に定める。

(附 則)
      この規則は平成16年1月1日から施行する。